借金があっても家を買う事ができるのか

Posted on
弁護士1

借金があっても、マイホームが欲しいという夢を持っている人もいるでしょう。借金があっても家を買う事ができるのでしょうか。借金の額にもよりますが、可能なのかどうか、ここでは詳しく見ていきましょう。借金があっても家を買う事ができる場合、どのような家でも可能なのか、買えないケースもあるのか、具体的に見ていきます。

借金の額によって住宅ローン審査が左右される

借金があっても家を買う事ができるかどうかは、ずばり借金の総額によります。一番大事なことと言ってもいいでしょう。今どれだけの借金を抱えているのかという事です。家を買うという事は、住宅ローンを組むという事です。

35年で住宅ローンを組む場合も、35年ではない場合でも、住宅ローンを組むという事は、審査を受ける事になります。銀行もきちんと返済できるかどうかは確かめておかないと貸してくれません。では住宅ローンの審査で銀行は何を重視しているのでしょうか。

それは、借り入れる人の年収に対する借金の割合です。年収のうち借金返済はどれくらいしているのか、借金が負担している率が高ければ高い程住宅ローンの審査は通りにくいでしょう。ずばり言うと、最低3割以下に抑えておく必要があります。

年収の3割以上の借金がある場合には住宅ローンは組めません。年収の3割以下という事は、例えば年収500万円の人の場合は、年間の返済総額が150万円以内の借金でなければ、住宅ローンを組むことが難しいでしょう。

住宅ローンの審査に通らない可能性が大きいです。そうなった場合は、まず借金の額を減らしてから住宅ローンの申し込みをしましょう。

どのような借金だと住宅ローンが組めないのか

住宅ローンを組むことができるかどうかは、借金の総額も関係しますが、その借金の種類も影響を与えます。住宅ローンを申し込む際の審査を受ける用紙には、借金残高を記載するところもありますが、残高のみならず詳細も記載が必要になります。

借金をどこから借り入れているのか、それを何に使ったのか、そういった詳細な事も記載が必要なのです。いくら借りているのかという事だけでなく、どこでその借金をして、何に使っているのかという事まで見られるのです。

住宅ローンにさほど影響がないと言われているローンは、車を購入するためのマイカーローン、大学進学などの教育ローンです。これらは特に印象が悪いローンではありません。しかし何に使ったのかわからないような使途不明金のカードローン、キャッシングローン、消費者金融や闇金融などは印象が悪いですし、ほとんどの場合で住宅ローンを組むことができません。

厳しいところになると、クレジットカードの支払いが少し遅れただけでも審査に影響があったり、携帯料金の支払いが遅くなってしまっただけでも影響が出たりする事もあると言われています。借金をしていても家を買う事ができるかどうか、住宅ローンを組むことが可能かどうかは、借金の総額だけでなく、借入先や使い道も審査の対象になるという事を覚えておくといいでしょう。

税金の滞納も借金としてみなされる!?

借金2

借金というのは消費者金融や、カードローン、銀行ローンだけではありません。税金の滞納も借金に値します。税金を滞納している人は、住宅ローンの審査に通りません。税金滞納者に融資をする事はお金を貸す側である銀行にも不都合が出てくるのです。

もしも融資した相手が返済してくれなかった場合に、銀行の住宅ローンの支払いよりも、税金の支払いが優先されるので、貸し倒れしてしまうのです。その結果住宅ローンを組んだけれど回収できず銀行は損をする事になります。

ですから、銀行としては税金の滞納をしている人に対しては、住宅ローンを組めないようにしています。

住宅ローン申し込み用紙に申請しなければバレない?

住宅ローンの審査を受ける用紙に、借金をしていることを申請しなければばれないのではないかと思う人もいるでしょう。しかし借金の総額、税金を滞納していることを、審査を受ける時点で正直に申告しない場合は、申告義務違反になりますし、自分で申告しなくても、銀行では審査を行う際に指定信用情報機関に問い合わせをして、その人が借金をしていないか、税金を滞納していないかを確認します。

その確認によってばれてしまいます。借金があることをいくら隠したとしても、信用情報機関には、借り入れ状況が登録されているので問い合わせすれば一発でわかるのです。税金も、納税証明書を必ず提出する事になっていますから、これを見ればすぐにわかります。

間違っても借金をしている事、税金を滞納していることを黙って住宅ローンの申請を受けようなんて思わないことです。虚偽の申告をしたという事は信用情報機関にも記録として残りますので注意しましょう。

家を買うときに大事なことは返済できるかどうか

弁護士5

家を買うときに大事なことは返済できるかどうかです。住宅ローンを組むことができるか、お金が借りられるかどうかが重要なのではなくて、返済できるのかどうかが重要です。借りる事が出来たとしても返済する事が出来なければ、家に住み続ける事はできません。

借金を抱えていて住宅ローンを組むことができるのか、もしかすると組めるかもしれないし、組めないかもしれないという曖昧な時には、組めるかどうかを考えるのではなくて、返済可能かどうかを考えましょう。この様な状況で借りられたとしてもその後返済し続けられるのでしょうか。

返済し続けることができなければ意味がありません。借金の返済に加えて住宅ローンの返済も始まっても生活していけるのかどうかを考える事が大事なのです。どうしても家を買いたいというのであれば、借金を早急に返済するか、もしくは減額する、家を買いたいのであれば、レベルを下げて住宅ローンを組むことができる金額内の物件を探すなどする必要があるでしょう。

家を買いたいと考えているのなら、できるだけ、家を買うまでは車のローンも含めて、他から借金をする事がないようにした方がいいといえます。もちろん家を買ってからなら借金をしてもいいというわけではありません。先ほども言いましたが、借りられるかどうかではなくて、返済できるかどうかが重要なのです。

借りられたとしても返済する事が出来なければ意味がないので、家を購入しても、借金の返済と家のローンを返していけるという保証があるのなら家を買う事は可能です。保証がないのなら問題を解決してからにしたほうがいいでしょう。

参考元-債務整理・借金返済の無料相談なら弁護士法人アディーレ法律事務所 > https://www.adire.jp/